日本左官会議について

About the Sakan Plastering Council of Japan

「左官」とは壁を塗る職人、およびその技術を指します。民家も町家も、城郭も土蔵も、日本の建物の多くは、左官が壁を塗って仕上げてきました。しかし、その伝統技術を受け継ぐ人がいま、急速に減っています。日本左官会議は、この素晴らしい技術と文化を受け継ぎ、発展させたいと願って結成されました。

日本では、豊富な森林を背景に木造建築が進化してきました。それに呼応するように発展したのが左官の技術です。竹や木材などの骨組みに、土や砂、ワラなどに水を混ぜて塗りつけ、壁をつくる。それは、高温多湿の気候に適しており、自由で懐が深く、それぞれの地域や文化を映して、豊かに高度に発達してきました。明治になって洋風建築が入ってきても、戦後、コンクリート造のビルが普及しても、左官職人は引き継がれた技術を生かして、建築の仕上げを担ってきました。
しかし近年、建築が凄まじい速度で工業化、商品化されていくなかで、経験と勘がモノをいう職人技術は、一般の人々の暮らしからどんどん離れた存在になってしまいました。

日本の左官は、現場に合わせて素材を調合し、厚く塗りつつ鏝(こて)を使って平滑に仕上げるというところに特徴があります。これは世界的に見ても随一といえる技術です。さらにそこには、地域の材料や住み手の物語などを込めることもできます。自然素材だけを使って、ひとのエネルギーで壁や床をつくることも、左官なら可能です。

左官は、単純に見えて奥深い世界です。そして、日本にはこの技術を習得し、未来へつなげていきたいという職人がまだまだたくさんいます。そして、じつはこのローカルな技術は、インターナショナルでもあります。
どうぞ、私たちの活動を応援してください。

事業概要

  • ○ 左官を広く知ってもらうための広報・啓蒙活動
  • ○ 左官職人を対象とした研修会、指導者育成事業
  • ○ 建築関連法案の研究と、法案への提言、提案
  • ○ 伝統的建築物の修復、保全および左官を中心とした建築物の提案、施工。
    そのための技術、材料の研究開発。
  • ○ 土と左官に関する国際交流

議長ご挨拶

「職人はひとつながり」

創設時の地固めという重責を果たした原田進さんの跡を受け、日本左官会議議長を務めることとなりました。どれほどのことができるかわかりませんが、地道に一つひとつ、精一杯務めたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

日本左官会議は2012年に創設、2013年に公益社団法人になりました。左官による団体や研修会が多種あるなかで、日本左官会議にしかできないことはなんなのかを考えながら活動していきたいと思っています。これから先の左官がどうあるべきか、また日本における職人文化をどう守るか、そのことを社会にどう理解してもらうのかを主眼にしていきます。

景気回復が進んでいると言われながら、また「ものづくり」「手仕事」のレベルの高さを世界に賞賛されながら、その実、日本の職人を取り巻く状況は、ますます厳しくなっています。建築工法の早く、安く、均一にという流れは、左官のみならず大工、畳、建具、瓦、漆、和紙、家具などの職人たち、また、その職人たちが使う道具や材料をつくることを生業としている多くの人たちの状況を苦しくさせています。左官だけではなく、建築をとりまく職人は「ひとつながり」なのです。

またそれは日本らしい美しい町並みを失っていくという状況にもつながっています。職人の問題だけではない、日本の風景をどう守るのかという問題でもあります。いちばん海外にアピールできる財産であるはずの日本の美しい風景を失いつつあるという状況です。そんななかで、自分達が社会にどう存在していけるのか、さまざまな現実を踏まえた上で社会に必要とされるのプレゼンテーションをどうつくっていけるのか。日本文化の衰退が言われるなか、その当事者として、みんなで考えていきたいと思います。
このような活動も、皆さまのご理解とご協力あってのことだと思っています。これまで以上に、日本左官会議に温かいご声援をいただきますよう、お願い申し上げます。

2015年6月吉日日本左官会議  議長  挾土秀平

挾土秀平 HASADO, Syuhei

「職人社秀平組代表。1962年生まれ。岐阜県高山市出身、在住。熊本、名古屋などで修行後、地元に戻る。83年技能五輪全国大会左官部門で優勝。

>> 詳しいプロフィールへ

役員

議 長
挾土秀平
副議長
小林隆男
原田進
総務理事
宇野勇治
事務局長
多田君枝
理 事
長田幸司
川口正樹
小沼充
今野等
豊永郁代
西川和也
松木憲司
監 事
吉村浩志

所在地

公益社団法人 日本左官会議

〒103-0003 東京都中央区日本橋横山町4-10 大原第五ビル 4B
Tel. 03-6823-5317    Fax. 03-6667-6108

Top