会員紹介 / 正会員

Our Member Introduction / Regular Member

宇野 勇治UNO, Yuji

正会員・総務理事
建築家/愛知県みよし市
健康やこころの面で、より豊かな生活環境、都市や地域をつくってゆくには、今後、土の建築、左官の技術は欠かせないだろうと思います。世界にはさまざまな土の建築があり、土の家に多くの人が住んでいます。土は構造体であり、環境調整要素であり、アートでもあります。そして使わせていただいた後には大地に戻ります。土は、私たちの生活にもっともっと身近な存在であるべきでしょう。だからこそ、新しいけど、懐かしい、土とともにある環境を創ってみたいと思っています。

宇野総合計画事務所代表、愛知産業大学造形学部建築学科准教授。1970年愛知生まれ。名古屋工業大学大学院博士後期課程修了。博士(工学)。地域の『土』と『風』を活かした、居心地のいい建築をつくることを目指して設計と研究を行う。
土と木を使った伝統構法住宅の住まい手へのアンケートで、「とにかく気持ちいい、ずっと居たい空間です」と書かれた人が複数いた。私自身も土と木の家に住みながら同じようなことを感じている。そんな、ひとが「気持ちいいと感じるかどうか」という感性は、大切にするべきだろう。住まいの快適性を高め、エネルギー消費を減らすために、土壁の性能を活かすための大きなポイントは、土の「蓄熱性能」にある。夏涼しく、冬暖かく過ごすために、ぜひともこれを活用したい。夏には夜間の風通しと日射遮蔽、冬には適切な断熱や気密などが求められる。家の使い勝手とともに、これらを塩梅よく設計したい。かつて、家づくりは家族も近所も参加して行われる大イベントだった。土と木の家づくりは、家族の楽しい学びの場、思い出づくりの場になりうるだろう。土壁塗りや木の伐採など、子どもや家族が参加した家づくりの経験は、価値あるものだと思う。住まい手、使い手と一緒に、ずっと居たくなるような空間、住まいをつくりたい。

宇野総合計画事務所
愛知県みよし市三好町東山37-14
Tel. 0561-57-5011 Fax. 0561-57-6732
関連サイト:宇野総合計画事務所「夏涼しく、冬暖かい木と土の家をつくる」(木の家ネット)

『池の見える家』(2008年、愛知県)。風が通り抜ける、木組みと土壁を活かした自邸。グッドデザイン賞・中部建築賞など受賞。

『土壁の温熱環境特性を探るための実験棟』(2009年、岐阜県)。断熱手法の異なる土壁の試験体をつくり、各部の温度や室内の気温・湿度を計測した。

『池の見える家』(2008年、愛知県)。自邸の縁側の足元の三和土(タタキ)は、家族も参加してたたいた。ゴーヤの緑のカーテンで、愛知県 緑のカーテンコンテスト最優秀賞を受賞。

『金花鳥の家』(2012年、愛知県)。夏と冬でモードが切り替わる工夫を随所に施した。写真の丸窓は、竹木舞を現した下地窓。

『土壁塗り体験』家づくりに家族が参加することは、思い出づくり、教育などいろいろな意義があると考え、建て主の希望に合わせ、随時開催。市民、学生が参加するワークショップも好評だ。

会員紹介にもどる
Top