活動報告・お知らせ

Our Activities
イベント・セミナー
2018/10/01

【終了】10月27日(土)おいしいご飯が手軽に炊ける「ミニかまど」づくりワークショップ開催

ガスや電気が普及する以前、台所における燃料は薪で、かまど(へっつい)は土やレンガや瓦でつくられていました。高級なかまどは漆喰磨きで仕上げられ、左官職人はその造形の美しさや艶を競いました。「火」は自然の力であり、取扱いを間違えば、厄災を招くことにもなりますから、かまどは家のなかでもたいせつにされる存在でもありました。民家では、「竈神(かまどがみ)」も祀られていました。

いまではスイッチひとつで自在に調理を行うことができます。生の火に接することも減りました。だからこそ、かまどを思い起こしてみるのはいかがでしょうか? 子どもたちにもよい体験となるはずです。

日本左官会議では伊佐ホームズ株式会社と共催で、「ミニかまどづくりワークショップ」を開催します。左官、小沼充(日本左官会議理事)が考案した、石灰・珪藻土・セメントから成るミニかまどを、伝統的な「漆喰磨き」を応用した手法で仕上げるものです。できあがったかまどは固形燃料ふたつで、おいしいかまどご飯が簡単に炊けます。取っ手のついた容器に収納して、持ち帰ることができます。

お子さまと一緒に愉しんでいただくことも可能です。どうぞふるってご参加ください。

[ 日時 ]
10月27日(土) 10:00〜12:00
汚れてもかまわない服装でご参加ください。
ご希望の方は、当日会場で、出来上がったかまどで松茸ご飯または栗ご飯を炊いて召し上がっていただけます。

[ 会場 ]
伊佐ホームズ駒沢住宅 (東京都目黒区東が丘2-13-25)

[ 講師 ]
小沼充/左官・公益社団法人日本左官会議 理事

[ 参加費 ]
15,000円/台(2合羽釜付き)

[ 申込み ]
お申し込みフォームから事前予約の上、参加費は当日お支払いください。
事前の受付は締めきりました。
いただいた個人情報は慎重かつ適切に管理し、第三者に提供することはありません。
ただし、当法人が関係する講演会やイベントなどのご案内には使わせていただきますので、どうぞご了承ください。

定員10名/先着順にて受付・満席になり次第、締め切ります。
親子またはおふたりで、ひとつのかまどを仕上げていただくことも可能です。

共催:公益社団法人日本左官会議・伊佐ホームズ株式会社

Top